スポンサーサイト

  • -------- --:--
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    グラコロカブカブ。。。

  • 2007-11-25 12:04


  • 昨日、会社に八クキンを忘れたので取りに行きがてら、会社の近所のマクドへ行きました。
    いや~、昼メシ時やからですかね?店の外まで並ぶ大行列。
    並んで買いましたよ、グラコロ。。。

    あ、アレですよ。。。
    京都のマクドは、看板茶色ですよ。>京都府外の皆様。
    ついでに、マックちゃいますよ。マクドですよ。

    さ、これから、乾燥機の修理しよ。。。
    スポンサーサイト

    寄り道。。。

  • 2007-11-18 20:57

  • 帰って来たけど、まだ帰って来てません。
    いつものぁゃιぃ呑み屋。。。

    ナベカン

  • 2007-11-18 13:03

  • でらうまいでいかんわ。。。

    エッフェル塔

  • 2007-11-18 11:13

  • んなワケない。。。

    青山自走レポ 5(横浜-京都)

  • 2007-11-17 14:49
  • はてさて、予定通り8時に横浜を出発。
    桜木町から1kmちょっとで、R1とR16の分岐へ。
    「ん~どっち行こうっかなぁ~?? えぇい真っ直ぐ行ったれ!!」
    で、結局R1を進むことにした。

    うひょ~、鎌倉とか標識が出てくるよ~。。。
    R134を通りたかったけど、ここは我慢。

    ↑むっかしの写真ですよ。
    昔、由比ガ浜で弁当喰ってたらトンビに唐揚げ奪われたのを思い出す。
    その時撮った「極楽と大仏さぁどっち?」的な標識をもう一度探しに行きたかったな。

    茅ヶ崎辺りから、真正面に富士山が見えてくる。

    大磯町の新不動橋のサンクスで休憩。
    写真を撮って、コーヒー飲んでると、キャンプ道具満載の水色と銀茶のリトルが通り過ぎる。
    直感的にカフェカブ参加者やと思て追尾開始!
    追いついて、ナンバー見ると箕面と明石!
    だてりんご君と箕面小株の釣りキチ君や!
    一旦追い越したけど、小田原の手前で給油中に追いつかれる。


    小田原を抜け、箱根の山道に入るといきなり渋滞。。。
    道幅が狭いのですり抜けも無理。
    あ~、これオックンが言うてた渋滞か~
    箱根湯本の駅で、ロマンスカーが止まってる。
    ワシ、鉄っちゃんやないのでよぉ解らんけど、コレ旧型やんね?

    「山のホットステーション」で休憩。
    小涌谷を越えると渋滞もなくなり快適に走行できた。


    芦ノ湖を過ぎるとまた上り坂。

    道路わきの広いところで富士山をバックに写真を撮っていると、先に行ったはずのだてりんご君と釣キチ君がやってきた。
    今度は、土産物屋を覗いていた二人をワシが追い抜いたらしい。
    抜いたり抜かれたり、競争してるワケやないけど、東海道追いかけっこ、楽しいね。。。

    さぁ、今度は車も少なく道幅も広い下り区間。
    眼下に三島や沼津の町並みその先に太平洋がど~んと広がる。

    沼津のR246との分岐から先のR1は、昨日来た道を戻る。
    富士由比バイパスを富士市内で逸れ、新幹線の新富士駅に寄る。

    笑福亭鶴瓶師匠が絶賛していた「巻狩弁当」を買う為。
    何年も前から食べたいと思ててんけど、わしは新富士駅に停まらへん"のぞみ"しか乗らへんから、買えへんかってん。
    新富士駅前に木陰とベンチがあったのでそこで食する。
    思いを募らせていた「巻狩弁当」やっと会えた。(大げさ?)

    弁当を食べ終え、富士由比バイパスに出る交差点で信号待ちしてると・・・
    またもや、だてりんご君と釣キチ君が通り過ぎる。
    信号が変わって、遠くにテールランプが2つ見えたので猛ダッシュで追いかける。
    が、、、ふと左手に目をやると、道の駅富士に二人はいた。。。
    ワシは止まることも出来ず、富士川を渡ってしもた。

    何件か出てくるスマル亭もすっ飛ばし、パラダイス駿健脇でバイパスを降りる。

    静岡市内、東静岡駅付近で東海組に遭遇。
    渋滞の為、しばらく話をしながら一緒に居るが、ワシはすり抜けで前へ。
    そろそろ給油かな~と思てたら、静岡の市街地を抜けてしまう。
    丸子で反対車線にENEOS発見。
    ここで初めて「へぇ~、京都からですか~」と言われる。
    でも、ガソリンちょっとこぼされてムッとしたけどね。

    丸子からすぐの、道の駅宇津の谷で休憩してると、東海組に追いつかれる。
    藤枝バイパスは乗れへんので、藤枝市内へ。
    一般道のR1から島田バイパスへの案内も解りやすかった。
    島田BPから、掛川BP・袋井BP・磐田BPと乗り継ぎ浜松市内を抜け、浜名湖は弁天島へ。
    行く前から、行きつけのぁゃιぃ呑み屋の連中には「東京土産はうなぎパイ」と言うてある。
    パイパスが続いてずっと高速走行やったので、休憩にはよかった。

    遊船家をでてすぐの中浜名橋を渡る直前で綺麗な夕日が。
    サークルKの駐車場にカブを停めて写真を撮ってると、軽トラのおっさんが声をかけてきた。
    しばらく話してたら、東海組が通り過ぎ・・・
    「仲間が来たんで!」と話の途中でおっさんを振り切り、東海組を追いかける。
    流れも良いので、しばらく一緒に走る。

    愛知県の標識の所でYu-Ki君がガッツポーズをする。。。
    そのまま、豊橋市内へ向かうが、また渋滞。
    KZSGさんが「自分たちよりもまだ遠いから先に行って良いよ」と言ってくれたので、またまた
    すり抜けで先へ行かせて貰う。

    実は、ワシにとっては、帰りの愛知県が一番長く感じた。
    距離的には静岡の方が長いんやけど、バイパスが多いから何も考えずにただアクセルを廻すだけでよかった。
    愛知は、3日分の疲れと夕方の渋滞とが重なり、地名なんかを中途半端に知ってるだけに「まだ、ここか・・・」と言う思いが大きかった。
    三重に入っても、R23がR1と平行して走る所では、常にR1へ行く為の標識が出てきて、どこで乗り換えるのか、解らなくなってしもた。
    やっとのことで、四日市に入り、行きに覚えておいた「中西電機」のデカイ看板を目印にR25へと乗り換える。

    R1の鈴鹿付近で、今度はカフェカブ3位入賞者のtin君達に会う!

    行きで、駿健で会えると思てたのに会えへんかったりで、自走中に会えへんかったのにこんな所で会えて、嬉しかった。東海道追いかけっこは、ホンマおもしろいね。
    亀山市内で給油して、道の駅関宿で休憩。
    お約束の写真を3台で撮る。
    3人とも晩御飯を食べてないので、今からご飯食べても今日中に帰れるやろうと、水口のファミレス目指して関宿を3台で出発。
    アルプラ横のサイゼリヤでご飯食べてたら、窓の外に手を振る影。
    まつげ君や!と飛び出したら、様子がおかしい。
    まつげパパが居る。抹茶号が軽トラの上に。。。

    その後も3台でR1で滋賀を抜け、京都市内へ入り0時ちょっと前に無事に帰宅。
    走行距離:992.9km   給油回数:9回

    ほんま、この3日間は楽しかった!!!

    青山自走レポ 4(横浜)

  • 2007-11-15 14:03
  • 楽しい時間も終わり、同じ色や同じカタチのカブを並べて写真を撮ったりしてる。
    名残惜しいけど、三々五々みんな帰っていく。
    寂しいけど、ワシらもそろそろ。。。
    オックンからケツ持ちを任命される。

    ケッタイな組み合せの東西対抗ナンバープレート。
    京都×2・茨木・日野・松戸・静岡・横浜・品川の計8台の9人がR246を西へ行く。
    渋谷から三軒茶屋付近が混んでるので、左折。
    よぉ解らんのですが、あれは環七やったんですかね?
    空いてる道を快調に飛ばして、R15(第一京浜)へ。
    ワシ一人やったら、青山を南下してR15へ出て品川駅付近を通るつもりやってんけど。。。
    まぁ、それは良い。。。
    R15へ出て、若干車は多いものの順調に横浜へ。

    後ろから見てて、信号待ちのすり抜けで関西勢は平気で前に出るが、ボニさんの「へ?前に出るの?」的な表情が印象に残る。
    千鳥になって左車線を走ってるワケですが、いたやんが右へ寄りすぎて右車線から大型トラックが。「もっと左に寄れ~」とか心の中で叫んでみたり。。。
    あと、信号が黄色に変り、ワシは本能的にフルスロットルで前に着いて行こうとしてけど、斜め前のボニさんは停車。。。
    関西的横着運転が出てしまい後ろ3台を置いていってしまいました。ごめんちゃい。
    そんなこんなで楽しい「東京-横浜、大都会ツーリング」も終わり、宿に到着。
    駐輪場所はホテル裏の飲み屋街の道路沿い。とぉぉっっても治安が良さそうで若干不安。。。
    また、4つの荷物を持ってチェックイン。
    カ○セルと言うのは内緒の方向でと言われたので、上の高級ホテルの外観を撮る。

    とか言いながら、内部はこんな感じ。


    カプ○ルホテルちゅうのは初めてで、↑こんな感じのプラスチックの箱でせんべい布団を想像してたけど、確かに狭いっちゃ狭いけど思てたよりも広くて息苦しさも無くて、内装もベッドもえぇもん使こてて思てたより快適でしたよ。

    ロッカーに荷物を放り込み、夕食へ。地下鉄に乗る。
    みんなが切符を買うにもかかわらず、ワシがsuicaで改札を抜け、エスカレーターも関西人が右側に乗るのに、ワシは普通に左側に乗ってると伊藤の野郎に「東京かぶれ」とか言われた。
    ワシは電車は関東で乗る事の方が多くて、JR西日本のICOCAやなくて、磁気カードの頃からJR東日本のイオカード→suicaなんじゃい!

    久しぶりの中華街。
    ボニさんを先頭にザクザク進む。煌びやかな外観の店に案内された。。。

    と思たら、斜め向かいの地味な、ホンマに北京にありそうなワシ好みの店やった。

    料理も派手さはないけど、結構ウマい。そして、値段の割りに量が多い。。。
    みんな、中途半端に少しだけ残す。2口とか3口とか。
    もったいないので、ワシがたいらげる。
    最近は喰うのを控えてるのに、大食いキャラにされる。
    それでも、炒飯とか大量に残したけど。。。

    帰りの駅へ向かう途中、いたやんがパンダ饅を買う。
    ワシも喰いたかったが我慢した。


    また地下鉄に乗り桜木町駅を宿とは反対方向へ。

    夜景スポットへ連れて行ってもらい、しばしぼぉ~っと見ている。
    綺麗やぁ~。。。

    そんなこんなで、えぇ時間になったので宿へ戻る。

    ここで、ボニさんとナミさんとはお別れ。
    また、遊んでね~~

    さぁ風呂でも入ろうかと思うと、伊藤の野郎がワシは「風呂はあと!」とか抜かしやがる。
    まぁいいや、後でゆっくり入ろうっと思てTV見てたけど、疲れて眠くて、着替えるのも邪魔臭くなり服のまま寝てしまう。。。

    服のまま寝たのに、ベッドが良いせいかぐっすり眠れて、目覚めもばっちり。
    一人で風呂にゆっくり入って、ゆっくり身支度。
    朝食を食べてると、オックンが来た。
    この時点ではまだ、R16→R246で帰るつもりやってんけど、念のためR1の箱根付近の状況をオックンに聞く。
    ん~、どうしよ~~。。。
    当初から8時に出発するつもりやったんで、ちょうどえぇ時間。
    荷物を取りに戻って、再度朝食の場所へ行ったらみんな居た。
    「ほな、ワシは出発します~」言うて、いよいよ横浜を出る。。。

    青山自走レポ 3(青山)

  • 2007-11-13 16:51
  • そんなこんなで、無事に青山一丁目に到着するが、HONDA本社は向かい側。
    交差点手前で路肩に寄せる。横断歩道で関西組の一人に会う・・・が、誰やったっけ?
    先に、横断歩道で信号待ちしてた練馬ナンバーのベージュカブラの人に「京都から来たんですか?」と呆れられる。

    誰か忘れた関西人と練馬ナンバー氏と共に、受付の列に並ぶが。。。

    すでに受付待ちの列が4つ位に分断されて並んでいた。
    ワシは列の先頭になり、直前が誰か解らんかったので、右側の列の「茅ヶ崎ナンバーの次ですか?」とスタッフに聞くと、はっきりと「そうです。」と答えた。
    10時受付開始との告知やったけど、前倒しで9時過ぎに始まった。

    てな事言いながらも、42番と割りと早い番号を貰い、受付と写真撮影を済ませて、カブを指示された場所に置き、自由行動に入る。
    腹が減ったので、次郎殿ら数名と向かいのビルの食堂街に行くが、時間が早いのか休日のためかことごとく閉まってる。
    一人で、吉野家へ行くが満席、cocoイチも去年行ったラーメン屋も開店前。
    残るはサンマルクカフェやけど、パンでは腹が膨れそうに無いのでパス。

    そんなことしてる間にも、どんどんカブが集まり、受付を済ませたカブと受付待ちのカブが入り乱れ、カオス状態。
    ワシはカブを見たり、久々に会う人やいつも会ぉてる人、いろんな人とウダウダしゃべる。
    巡回警備中のお巡りさんも、何事かとやってくる。お年を召したお巡りさん、C100が懐かしそう。

    どんなカブが来てたかは、こちらを見て頂きたい。
    各車の詳細は他の人のレポを見て貰ろた方が詳しく書いてはる。

    トークフォーラムも終わり、コンテスト表彰式。
    レディース賞はえりちゃん。微妙な空気が関西勢に流れる。ま、とにかくおめでとう。
    そして、3位の発表。うひょ~、tin君3位入賞! おめでとう!!!
    本人も周りに居た関西勢もびっくり!


    コンテスト終了後、カブの開発者の人としゃべる機会があった。
    FIカブのカットモデルを前に、ワシも周りの人達と一緒にFI化に関する質問、そしてC90の4速化の要望。
    そして、WAVEの正規輸入しないのか?との質問。答えは「日本のエミッション規制に適合させるのが難しい」と。並行輸入で少数入れるのは問題なくても、メーカーとして正規輸入するのは難しいとの事。
    他にも型式認定やアフターサービス等、いろいろ難しい問題があるんやろうけど。。。

    FIカブのカットモデルを見て説明を受けると、単に燃料噴射装置とキャタライザーを付けただけやなく、ほとんど新設計やと解る。カブにそれだけ出来るのに、タイも排ガス規制は厳しいし、概観は若干違うとは言えEU諸国にも同型車を輸出してるのに、国内向けには出来ひんと・・・
    ワシは、現在の国産125cc車の少なさ、逆に輸入車が目立つ現状を訴え、原付二種の拡充を訴えておいた。

    今回、ワシと話をして下さったお二人も、小排気量車を自分で弄るのが好きやと言うてはった。
    電話やPC関係の人達もそうやねんけど、広報や営業の人やなくて、現場で実際に開発してる人と話しできるのは、とても楽しい。
    メーカーの人間としての立場を超えて、広報や営業からは聞けへん裏話もポロっと言うてくれはる。
    開発者さんと話してて、個人的に嬉しかったのが「カブはスクーターとオートバイの中間を埋めるものとして・・・云々」て言うたはった事。
    何気なく言わはったんやろうけど、言い換えたら”カブはスクーターでもオートバイでもない"と言うこと。
    車両の機構的にも使われ方も、スクーターでもなくオートバイでもない。
    カブはカブちゅう独立したカテゴリーなんやなと嬉かってん。

    そうこうしてるうちに、お開きの時間。
    番号札と記念品を交換して、三々五々帰って行く。

    さみしいなぁ。また、会おなぁ。
    そして、ワシらは横浜へ向かうのである。。。

    青山自走レポ 2(駿健-青山)

  • 2007-11-12 10:26

  • 泊まるのには必要ないけど、パクられたら困るタンクバッグやらヘルメットやら、4つの荷物を抱えてチェックインする。
    ひとつひとつは重くないけど、4つまとめて持つと結構重い。。。

    部屋に荷物を放り投げ、tin君に電話。
    そしたら「厚木の健康ランドに居ます」との事。
    「駿健に着きました」てメールが入ってたから、てっきりここに居ると思てたんやけど、時間が早かったので先に進んだ模様。

    大浴場へ。
    サウナも含め、屋内の風呂は一通り堪能したけど、外の露天風呂には行かず。
    アイスをかじりながら、ロビーに置いてあるPCでみんなのBLOGを巡回する。
    その後、缶チューハイ呑んでると、ワシを呼ぶ声が。
    クルーゾー警部殿やった。
    ワシはタバコ吸わへんねんけど喫煙ルームに居ると、USKさん登場。
    奥まった喫煙ルームに居たのに、よぉ見つけたね。

    USKさんがチェックインしてる間もしばらく警部殿と談笑して時計を見たら11:50.
    12時まで待ってUSKさんが出て来ぉへんかったので部屋に戻り寝る。
    案の定、寝られんのでクスリを一服盛り、強制的に眠りに着く。

    朝4時、ケータイの目覚ましで目が覚める。
    USKさんからメールの着信あり。「起きたら電話ください」。。。
    起きてはいるんやけど、クスリがまだ効いてるようで、グルングルンしながらUSKさんに電話する。
    「道の駅富士に5時集合」と。。。あぁそれ、出発前に聞いてたわ。
    ワシ、駿健を5時に出ようと思ててん。

    グルングルンのまま、慌てて準備して、富士由比バイパスをすっ飛ばす。
    前も後ろも車は無し。真っ暗。35wの弱いヘッドライトでは前がよぉ見えん。
    そやのに、フルスロットル。グルングルンのまま3桁走行。危険が危ない。。。

    無事に道の駅富士に到着。

    うわ~、関西組に中部組、みんな居る~~。
    おはようさん!
    着いてもまだグルングルン。。。コーヒー飲んでもグルングルン。
    Yu-Ki君に、ブラックブラックガムを貰いしばらく噛んでるとやっと目が覚めてきた。
    ガムは効いたよ。ありがとう。

    5時半頃、関西組が出発。R1を通るらしい。
    しばらくしてワシも出発。ワシはR246。

    御殿場で給油して、道の駅ふじおやまでトイレ休憩。
    R246に入ってGSが少なくなり、あっても閉まってたりでちょっとあせった。
    山北付近もさほど寒くない。ハンドルに付けた温度計は14度。

    神奈川県内は順調に走り、都内に入りすり抜けで前へ前へ。
    場所はどの辺か解らんが、上に首都高が通ってる所で、しばらく前を走ってた250ccのバイクが先へ行って、見えへんなと思たら、事故ってた。車線変更の車に当たった模様。
    ワシも注意しながら進む。


    渋谷駅のガードを越え、左折した所で往路最後の給油をして、国連大学の前とか表参道とか
    「うひょ~、ここ前に歩いたトコやん!」とか思いながら、無事に青山到着!!

    青山自走レポ 1(京都-駿健)

  • 2007-11-10 15:39
  • さて、いよいよ出発の当日。
    朝5時おきで6時から仕事して、昼から休みを貰う。
    12時半出発!

    O栗商店の某次郎氏に出発の挨拶をしようと思て立ち寄ったけど、昼休みで留守。残念。

    出発30分、京都と滋賀の県境、逢坂山で大渋滞。
    大型トラックが事故を起こして、片側通行やった。。。

    緑の多くなる(つまり田舎ってこと)土山町付近から少し寒さを感じる。
    それでも、震えるほどではないので、フリース手袋のまま鈴鹿峠を越えて、
    道の駅・関宿に到着。時間は出発からきっかり2時間の14時半。良いペース。

    普段は、脂モン控えてるねんけど、ここは一発スタミナをつけるために、
    「三重県産豚ロース使用味噌カツ丼(コーヒー付)」を食する。

    30分ほど食事&休憩して、関宿を出たトコのGSで給油。

    ルートをR1からR23に乗り換える。
    四日市市で、給油中の辰さんを横目で通り過ぎる。

    長良川大橋の赤い鉄橋。なんかこの鉄橋好きやねんな。

    自分の影を撮ろうとしたんやなくて、カメラ角度失敗。。。
    長島のサンクスでトイレ休憩。

    名古屋市内に入り、築地口を過ぎる。ここからはワシの行ったことの無い世界。
    名古屋に入ってからのR23は高架道路になり、まるで高速道路の風情。
    周りの車速もグンとアップする。
    ワシは今回、出る前から「飛ばしすぎたらあかん」と自分に言い聞かせてきた。
    ゆわkm/h巡航、ゆわkm/h巡航と唱えながら左車線を走る。
    ンな事言いながらも、前に遅い車が居たら、果敢に右車線に入って追い抜いて3桁で走ったりはしててんけどね。。。(^○^;;
    大高ICから名古屋高速・知多半島道路、そのすぐ後に伊勢湾道路が縦横無尽に入り組み、
    ワシは高速道路に迷い込まないように、案内板を追いかける。
    しばらく走って、やっと豊明IC。R1の一般道に下りてほっとする。
    豊明・豊橋間は、車はやや混んでるものの流れているので、すり抜けも信号待ちの停車時のみで、ゆっくり進む。

    東名音羽IC付近のGSで給油。
    豊橋市公会堂でお約束の写真。


    出発前の予想通り、豊橋市内で夕方の渋滞にはまるが、流れは遅いもののストップすることなくゆっくり進む。
    渋滞も減って豊橋の市街地を抜けるかなぁ~・・・と思たところで、
    突然「ムラサキスポーツ」の看板!
    手前の「一里山」の交差点を確認せんかったもんやから、左折せなあかん「一里山東」の交差点を見落とす所やった。
    オックンが「ムラサキスポーツ」の看板を教えてくれへんかったら、直進してたかもしれん。
    ありがたや、ありがたや。。。
    一里山東を曲がったら、静岡県突入!


    袋井バイパス・磐田バイパス、掛川バイパスも快調にすっ飛ばし「道の駅掛川」へ。
    トイレ休憩と、ファミマでフランクフルトとコーヒーを。
    ここで、USKさんから「豊橋公会堂に到着」とのメールが着信。
    鳥かご休憩所は覗いてへんけど、みんなが迷惑してた大騒ぎ大富豪ヤンキー小僧たちは見ぃひんかったぞ。
    時間は、20時前後やったと思う。まだ早かった模様。

    日坂バイパスから島田バイパスへ乗り継ぎ、藤枝バイパスは通れへんので一般道へ。
    ここは、判りやすかったな。
    バイパス降りて少ししたシェルで給油。
    おじさんに、駿健までどれくらいかかるか聞いたところ、駿健を知らない模様。
    そっか、まだ遠いんかと「静岡市の端っこなんですけど。。。前の清水市で。。。」
    すると「あ~、まだ5・60kmあるからねぇ~」との返事。
    この時点で、21時前位やったと思う。
    60kmなら1時間ちょいで予定通りの10時には着くか?

    静清バイパスは通行不可なんやけど、岡部バイパスからの乗り継ぎの丸子付近で「右!」と思てたら、左車線から側道で右へ抜けるんやった。
    岡部バイパスを降りて、静岡市街地を抜けて、目指すパラダイス駿健が見えてきた!

    静清バイパスをくぐる為の右折地点に目を凝らし、無事にパラダイス駿健に到着。
    「誰か居てへんかなぁ~」と思いつつ駐車場を一周するが、それらしきカブは見つからず。
    Tin君とか居てるはずなんやけど~。。。
    クルーゾー軽侮警部殿は、ずいぶん前から居てたけどカバーをかけて車体を隠していた事が後に判明。
    さぁ、いざパラダイス駿健へ潜入!
    チェックインした時間はレシートによると、22時10分。。。
    えぇ感じの時間やね。
                                    つづく。。。長いな。。。

    タイ・メイト?

  • 2007-11-10 11:19
  • HONDAでなくて、YAHAMAの話。。。

    ずいぶん前に、AP-HONDAのHPでWAVE-iのプロモーションでタイ縦断ツーリングみたいなんをやってるのを見た。
    でも、タイ語なんで内容はさっぱりわからず、写真をみてニマニマすることしか出来ひんかった。。。

    今度見つけたんは、YAMAHA T135。しかも日本語!
    去年のやけど。。。

    これ、行きたかった!!!
    6ヶ国全部行きたい!!!!!
    WAVEで!(ぉぃ。。。

    インドネシアでは、フロントフェンダーにナンバーつけて走りたいぞ!
    シンガとマレーでは、上着を前後ろ反対に着て走りたいぞ!!
    ヴィエトナムでは、ミラーを内側にして走りたいぞ!!!
    タイでは、ほっそいタイヤ履いて走りたいぞ!!!!
    フィリピンは、、、行ったことないぞ(゚Д゚)
    プロフィール

    タイカブ@いまい

    Author:タイカブ@いまい

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    10 | 2007/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QRコード
    クリックで救える命がある。
    クリックで救える命がある。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。