京都-青山 500km

  • 2007-10-30 10:33

  • Mapfan.Netによると、ワシの家から宿泊先の駿河健康ランドまでが334.062km
    そして、駿河健康ランドから青山までが、158.774km
    合計すると、492.836km。もちろん、乗れへんバイパスを迂回した実際に走るルートです。
    500kmは超えへんワケですな。。。

    いつも連れて行って貰ろてるツーリングで200km前後。最長でも250km位。
    ナナカン行くので、往復約300km。名古屋市内ウロチョロするので、320~330km位か。。。
    一日の走行距離としては、家から駿健までの334kmはワシにとって、未知の距離では無いんですな。
    もちろん、名古屋以東は初めてなんで、未知の土地ではありますが。。。
    カフェカブの日程が発表されて、行くと決めてから、宿泊先をいろいろ探しました。
    まず、出発が11/2の昼過ぎ。午前中仕事をして午後から休みを貰ろた。
    ルートは、迷うことなくR1-R23-R1-R246で即決なので、Mapfan.netで距離と時間を出してみる。
    バイパスの迂回なども去年調べておいたので、それをもとにルートを設定。
    出来れば神奈川県入りしておきたかったけど、到着が深夜になるとの結果がでた。
    当初は行ける所まで行って、近くの予約なしで飛び込める健康ランドやネットカフェを検索してみた。
    その中で、今まで自走して人のHPやBrogを見て、R1上にある駿河健康ランドを仮設定してみる。
    334km、11時間。
    もう少し先の沼津や御殿場にもネットカフェやビジネスホテルもあるけど、駿健が距離的にも、時間的にも、ちょうど良いと判断して駿健に決定。
    その後、自走のベテランさんに京都-駿健は9時間位で走れると聞く。
    他の自走者にも確認したら、9時間で行けるでしょとの事。。。

    ん~、13時に出たとして、9時間後は22時。。。
    ちょっと早いなぁ。もうちょっと先まで行けるかも。。。
    とは思うが、早く寝て早く起きたら、早く青山に着けるやんということに気づく(^^;
    まぁでも、余裕を見て、23時か遅くとも0時位に着けたら良いなと思てます。。。
    で、4時か5時に出発して、8時か9時に青山に着けたらいいなと。。。

    そして、帰りなんですが。。。
    横浜の桜木町のカプセルホテルを予約。。。
    ルートはノープランです。
    一応は、R16でR246に乗って、行きと同じルートのつもり。でも予定は未定。
    天気が良くて、ワシの気分も良くて、カブの調子もよかったら、もしかしたらR1で箱根越えをするかもしれんけど。
    途中、本田宗一郎氏のお墓に寄るか、笑福亭鶴瓶師匠絶賛の富士市の巻狩り弁当を食べたいなと思てます。
    本田宗一郎氏のお墓はみちの駅ふじおやまから10数分の所みたいやし、
    巻狩り弁当は、駅弁なんやけど、前から食べたいと思てはいてんけど、いつも「のぞみ」で通過するだけなんで、新富士で降りて買ぉた事がないので。。。

    はてさて、どうなりますやら。。。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ■明日

    こんばんわ。
    もう、あと何時間後かには出発ですね。
    わくわくです。
    それでは、何時間後かにどこかでお会いしましょう(笑)

    USK 2007-11-01 22:05:05

    ■無題

    USK殿

    うわ~、ほんまにドキドキですわ。
    ぼちぼち、みんな出発しはじめてるし。
    不安よりも楽しみの方が大きいけど、やっぱり不安はある。
    明日の13時には出発します。
    夕べあんまり寝てないのに、今日も寝られへんと思う。
    途中のどこかで追いつかれるかな?
    とりあえず、駿健で追いつかれますね(笑)

    タイカブ@いまい 2007-11-01 22:18:09
    プロフィール

    タイカブ@いまい

    Author:タイカブ@いまい

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QRコード
    クリックで救える命がある。
    クリックで救える命がある。